理想的な結果が手堅く得られる、クリニックの技術とは

肌の活性化

ターンオーバーを促進させてしみ治療の効果を高める

しみは少しでも早く治したいですから、治療の効果は高めたいものです。ターンオーバーを促進させてしみ治療の効果を高めるというテクニックがあります。肌はターンオーバーを繰り返していて、古い細胞は垢となって剥がれ落ち、新しい肌になります。ターンオーバーを促すことで、しみができたしまった肌を早く新しい肌へと入れ替えることができます。ターンオーバーを促進させるには、生活習慣が大切です。偏った食事をしているとターンオーバーが乱れますので、肉や魚、野菜などをバランスよく食べましょう。規則正しく食べることで、規則正しく体内での作業も進み、ターンオーバーも規則正しく行うことができるようになります。ターンオーバーには睡眠も深く関わっています。質の良い睡眠をしっかりとることが大切です。現代人は忙しく、眠りたいときに眠れない方も多いですが、できれば肌のゴールデンタイムである22時から翌日早朝2時までの間に眠れるように心掛けましょう。適度な運動もターンオーバーを促進するためには効果があります。

紫外線から肌を守ってしみ治療の効果を高める

紫外線にあたることは肌にとって負担となり、しみの原因になります。しみの治療を受けたからといって、紫外線に対して無防備になって良いということはありません。治療の効果を高めるためにも、しっかりと紫外線から肌を守ることが必要です。しみの原因となるメラニンは、肌を守るという大切な役割を担っていますが、しみの原因になることに変わりはありませんので、メラニンの働きを使わないでも肌を守れることを示すことが大切です。紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、それによって肌の老化が促進したり、正常なターンオーバーが阻害されたりしますので、紫外線から肌を守ることは意味があります。紫外線から肌を守るためには日焼け止めや帽子、日傘などを使って防ぐのも良いですし、紫外線の強い時間帯の外出を避けることも効果があります。紫外線への対策は一年を通して行い、しみ治療の効果を高めると良いです。